FC2ブログ

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.25 日本一のトップセールスマンが語る 「真心セールスで日本一」
husisato3.jpg
日本一のトップセールスマンが語る 「真心セールスで日本一」
    
講師 伏里 健治 氏(農高9回卒)

  真心カーサロン(各種自動車販売・各種保険扱い店・高級ウレタン焼付け塗装・車検)


 伏里さんは、昭和37年マツタオート福井に入社し39年より自動車販売の営業マンとして、現在にいたるまで常に新車販売日本一の業績を挙げてきました。平成7年に福井日産に移り、さらに現在後進に指導される立場になられてからも含め、通産販売台数6,521台前人未到偉業を達成されました。しかもわずか人口20万余の福井市を中心に、販売シェア5%のマツタの車(トヨタはその約十倍)でこの数字は実に驚異的で、その間いく度も経済誌、週刊誌、新聞テレビに取り上げられ、知る人ぞ知る大変有名。「営業マンとして当たり前のことをしてきただけ」、「1台売ったら、またゼロからやり直し」「ゴールのないマラソン」という言葉には生きる勇気と力があふれています。「断れた時、自然な笑顔で帰れるようになったら一人前」、セールスは「無心」と「お客様に感謝する気持ち」が大切といった言葉一つひとつに、氏の貴重な経験と情熱が込められております。
現在の地位に就かれてからも、「自分に喝を入れる」ために販売営業の現場に立つといわれる氏から、フレッシュな謙虚さも伝わってきます。
 今回の講演も、大変有意義なお話になると思います。


伏里 健治 氏の「プロフィール」昭和37年 農高9回 林業科卒
  
・昭和18年5月14日生まれ
・昭和37年3月農高9回 林業科卒業
・昭和37年4月マツダオート福井入社(2年間 業務関係の日々)
・昭和39年営業マンとしてスタート
☆34年連続「金バッチセールスマン」
 (年間新車販売台数120台以上)

(34年連続日本一)
 
☆18年連続「ダイヤモンドセールスマン」
   (年間新車販売台数240台以上)
 ☆年間最高販売台数289台(日本一)

・オールマツダで日本一のトップセールスマン
◎週刊ポスト・週刊現代等「日本一の営業マン」として掲載される。           
 ◎民間大手生保会社等で講演依頼殺到
 ◎NHKニュースワイド・福井テレビに登場

husisato2.jpg

husisato1.jpg

マツダ一のお得意さまの数を誇る豪快営業マン
伏里健治さん

「仕事のスランプ?もう、10年ぐらい感じたことないですね。思うように仕事が.いかんときには、少し気持ちが沈むことはありますけど、悩みは知らぬ問に自分で解決できるようになりましたよ」そう言って、豪快に笑う伏里健治さんは、入社22年のベテラン営業マン。

営業部長として部下を管理しながら、自身も営業活動に忙しい。この余裕。これがベテランというものか。「営業マンとして当たり前のことを普通にやれば、だれでもいい成績を上げられるはずですよ。お客様との約束を厳守するとかね」

その当たり前のことをやった結果が、総売り上げ台数役3200台。新車売り上げ一台につき1ポイントで計算されるバッジ制度では、きわめて優秀な成績・金バッジを、今年の秋で18年連続受賞した。しかも、ここ6年は、200ポイントを越す成績で、ダイヤモンドバッジを取り続けている。

お客様の管理件数は1000台を越え、これはマツダ会社のトップだ。入社5年の営業マンなら150台が普通というから、伏里さんの実力がどれだけスゴイかわかろうというもの。胸のダイヤモンドバッジ(本物のダイヤが埋め込まれている)にちらっと目をやりながら、伏里さんは語る。

「マツダだからやれたのだと思います。業界3位だからやりがいがある。もっと上へ上へ、と思うでしょう。それに東洋工業㈱の山崎社長をはじめ、マツダはグループをあげて営業マンをものすごく大事にしてくれる。だからやれた」目標を立て、努力し、達したらみんなで祝ってくれる。そんなマツダの雰囲気が、営業マンの気持ちを盛り上げるのだ。

「毎年2月、東京で実施される全国優秀マツダマン表彰式の瞬間の味を覚えてしまったら、その味が忘れなくてまた頑張るんですな。それから、年間100台、200台を売った瞬間、ね。たった2・3分かそこらのことなんですけど。私は瞬間に生きる男ですかな」、ワッハッハ、とまた笑う。「ベテランだから気を抜こうとする。そうなるのが一番危険、そうならないようにといつも心掛けている」伏里さんにとって仕事とはなんですか、という問いには間髪を入れず「生きがい」と答えてくれた。

演題「真心セールス日本一」 講師:伏里健治先生

これから社会に巣立っていく生徒たちにこれまでのセールスマン人生を語って下さいました。
自分を育ててくれたのは福井農林高校。そして野球部、という先生は車のセールスを始めたとき1台も売れないという日が半年間続きました。しかし、その中でも粘り強く周囲への感謝の気持ちを忘れずに努力した結果34年連続金バッジセールスマン18年連続ダイヤモンドセールスマンという素晴らしい業績を残しました。

○人より2倍、3倍やる

○目標を持って、それを実現できるように努力する

○スランプは、神様から与えられた「ご褒美」

○今日という日は来ないから十分楽しむ

○一日一日を大切にする

○一日1ミリ

○人にやさしく、自分に厳しく

○心で車を売る

○友達・先生・家族に感謝し、あきらめずに何事もやっていく

○挨拶が大切だ

 ○自分が立てた夢はすべて実行した

○断れたら笑顔で帰る

○自慢したところで人生は終わりだ

○やればできる、やらなければ何も始まらない

○努力をたくさんすれば、必ず報われる

○先輩でも、後輩でも敬語を使う

○相手の心を大切にする

○一度失敗したことでも再度やる

○体力・気力・知力





スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。