--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.09.09 
「恩師の近況」

yoshidasanai.jpg

        吉田佐内先生(農林42回卒)  

11月27日、吉田佐内先生のお宅を訪問しました。
先生は、母校に昭和58年4月より3年間、母校の学校長として、母校ならびに福井県農友会の発展にご尽力をいただきました。
定年退職後、引き続き仁愛女子短期大学に専任として勤められ、平成9年に退任、49年の長い教員生活を終えられました。

<福井国体に尽力>
当時は、全国的にも学園紛争の嵐が吹き荒れ、本校でも長髪が自由規制化されたり、その他一泊研修の新設・校舎の新築等、変化の激しい時代の中、先生は県民挙げての大行事であるインターハイ・福井国体の開催にも特段のご尽力をいただきました。
昭和37年、福井国体に備えて、まず、福井県協会の設立にご尽力、各高校は未種目のスポーツを一つ受け持つということで、開催地の今立町に協力する意味でフェンシングを採用し、高体連のフェンシング事務を引き受け、世話役をされました。組織作りや、選手育成等にも手腕を発揮、今日までに五輪、世界選手権代表となる選手を輩出され、県内フェンシングの基礎づくり、発展に寄与されました。その後、県フェンシング協会長を長年務められました。さらに草創期の鯖江高校より優秀な選手が輩出し、国体・インターハイ等に出場して数々の輝かしい成績を残されました。

<農業教育に功績>
 学校においては、「地域の産業構造の変化や、生徒の多様化に応じた農業教育の改善及び充実のための教育課程のあり方」について、二ケ年にわたる研究成果の発表や、環境の変化によりマラソン大会を強歩大会に変更するに至ったことなどが思い出として話をされました。特に印象深いものとしては、90周年の式典並びにブロック塀建設や、特別教棟の改築などをあげられ当時を懐かしそうに振り返りました。
それから、学級懇談会(保護者会)についても話をされ、毎学期の終わりには、担任より成績表を通して個々の生徒に対し適切な指導が行われていたが、学校はどのような教育方針のもとに取り組んでいるかを、全ての保護者に伝える機会とはならなかったので、特に「父親の出席」を要請させていただき、学校の現況と今後の方針等の説明を行い、保護者のご理解とご協力をお願いする機会としたことや、更に、年度毎に地域を変えて、PTA会長・副会長が中心となり、和やかな雰囲気のもとで、地域別の懇談会も開催し、学校運営に指針となるご意見を伺うことができたようです。
農産物の即売についても話をされました。農産物の即売は、以前にもあったようですが、学校は地域に開かれたものであり、地域との密接な関わりの歴史の上に現在があるということで、地域の人々の触れあいと心の交流を積極的に図り、農林高校を理解していただく絶好の機会をではないかと考え、今のような農文祭の行事として復活させたそうです。今では、本校の伝統的行事になっています。このことによって、目的意識をもった生徒が一人でも多く入学して、社会に出てからも活躍が期待されるのではないかと考えたそうです。即売会は、耕志会(農村で活躍している卒業生)の協力を得て実現することができた。と当時の学校での思い出を語っていただきました。

<日々是道場>
先生は「日々是道場」という座右の銘を持っています。これは、自分が弱い人間だから、きちんと自分のなすべきことをわが心に刻みつけて、必ずそれを果たすために、絶えず、身近に備えていた言葉であったようです。何事によらず、心を新たにして出発する際には、自分は今何をしようとしているのか、その目標をはっきりと確認することが大切、目標が定かでないと、人間は弱いものですから、易きに流れて意欲を失ってしまいます。それぞれしっかりした目的・目標を持ち、それに向かって努力するということは、すばらしいことではないか。是非とも「学び」の時代を、より充実したものとするよう心がけて欲しい。先生の好きな言葉に「継続は力なり」がありますが、志の達成のために、何事も粘り強く努力を続けてほしい。と最後に母校の生徒にエールを送っていただきました。

現在、83歳、少し体調を崩したこともあって、体力がやや衰えたとおっしゃっていましたが、お元気で私たちに対応してくれました。元気な様子を会報でお伝えします。ということで自宅を後にしました。尽きない思い出話の数々、貴重な体験をお伺いし本当にありがとうございました。先生の今後益々のご健康をお祈りいたします。

スポンサーサイト

2006.09.05 恩師からお便り
恩師の消息 (昭和40年~50年迄)

毎年 同窓生の集い 農友会の総会が6月に開かれます。そこで出てくる話は「先生の健在」が問われます。何よりも健康の具合を案じておりますが、ご返信いただいた先生方を掲載しました。 (敬称は略させていただきました。)

稲田 昭彦先生
定年退職して満七年が経ちました。この間、自治会や集落の生産組合の役職の外、民生委員としても3期目で7年を経ております。 人間ドックヘ入りますと糖尿病ですと叱られますが、お陰様で元気に毎日を農作業中心に取りくんでおります。

大島 哲夫先生
福井市文京6-22-22
・昭和29年から10年間、駆け出しの時期を、福井農林高校に勤務、その間、担任・部活・寄宿舎舎監等大変貴重な経験をさせていただいた。独立後間もない学校であったので、学校の活性化に若さと情熱で体当りの毎日でした。とくに運動部の活躍で生徒に自信を持たせるべく取り組んだことが今日でも印象深い。先輩教師のご指導に深く感謝します。老化しましたが元気です。

・今年こそは病院と仲良くならないようにと年の初めに決意しましたが、正月早々から胃痛になり地区の医師にかかってしまった。その後3回程、胃痛になり地区の内科医にお世話になってしまつた。2月に入っても良くならず、結局日赤綜合病院へ入院し現在治療中である。

小澤 重徳先生
福井市新田塚2-82-4
・定年退職後鯖江市役所に5年間嘱託就職。現在は在宅。盆栽と花の手入れが日課です。健康度は中位です。想いではやはり演習林でしょうか。時々、テレビのニュースで六呂師高原の景色が放映されますが、その画面の隅に映されている演習林の杉林が懐かしく、感無量の想いで見入っています。 最近、70歳の手習いで囲碁を覚え熱中しています。残念ながら棋力はハルウララ級です。

・退職後、一度大きな病を経験しましたが、いまは年齢相応の健康度で頑張っています。毎日が、昔からの趣味である盆栽の手入れと、最近覚えたインターネット囲碁にのめりこんでいます。ときどきですが、県やシルバーセンターなどから依頼を受けて、庭木の労定の講習会に出かけています。会場には、必ずといってよいくらい1人2人の卒業生のお顔が見受けられ、休憩時間や講習会後に懐かしく話し込んでいます。それがとても楽しみです。在職中に出版した「造園実技の基本」新訂版(理工図書)が、造園関係本売れ行きベストセラー5位に選ばれました。書店で立ち読みでもしてください。

小澤 和順先生
現在晴耕雨読の生活で、寺の主兼寺男として境内墓地の草むしりに明け暮れて居ります。
10年程前に心筋梗塞をわずらい以後インシュリン注射を続け何とか生き長えて居ります。農林にお世話になった7年間、人情味豊かな校風の中で本当に楽しく過させて頂きました。今は「生を明らめ死を明らむるは仏家天事の因縁なり」と云う道元様の言葉が身近に感ぜられる年になりました。皆様の御健康を心よりお祈り申し上げます。

金谷 精先生
福井市松本2-18-25
・人生80年、農の道に育ち、幾多の人様のお蔭様でそれなりに健康でふるさと坂井町下兵庫の「オスカーケンネル農場」を耕しております。
「大地」の皆様どうもありがとうございます。立春をまちわびしく昔農林学校で学んだ温床育苗で今年も、ナス・トマト・キウリなど沢山の苗を育てることを楽しみにしています。
※オスカーケンネル農場=旧制 専門学校母校農場名
      
・東京駒場には今も五反ほどの水田があり、オスカー・ケルネル先生の石碑があります。学生時代に夜を徹して稲の研究をし、福農に在職中は、田植機に関する農業クラブ全国大会で研究発表をした生徒諸君をなつかしく思います。平成2年4月、ふるさと坂井町下兵庫に「オスカー・ケルネル農場」と現農友会副会長林 利ニ様に標柱を設置していただき以来ひたすら耕職の道にいそしんでいます。「瞬間現在に生きる」私の人生訓をかかげて人生最後の日まで生命をはぐくむ人の心を大切にして大地の恵みに感謝しています。

笹口 政則先生
過去に昭和51年~平成元年までの14年間勤務致しました。その後、坂農へ転勤し、12年後に戻りました。現在本校に戻り4年目です。担任は、本校での経験が長いのですが、卒業生に出会うと、どちらの卒業生かと当惑する一瞬があります。5学科6クラス時代の生徒数はおりませんが、部活動等は過去と同様活発に活動しております。しかし教育内容は大幅に削除・追加がなされました。農業教育の根底に流れるものは、変えてはいけないでしょうね。今は昔になりけり…を感じる年になりました。ドックで糖尿の気配ありとの診断、自己診断で、8点ぐらいでしょうか。

高間 新三先生
福井市文京4-11-5
・昭和40年代に卒業なさった当時の皆さんは、今はまさに各界のトップリーダーとして活躍されていますこと、ご同慶の極みです。あの頃は、戦後日本の躍動期に当り、活気がありました。あの意気での、今後いっそうの精進を祈念しています。人生の思秋期から厳冬期にさしかかった今、周囲への感謝の思いを忘れず、ささやかなボランティアと好きな古寺巡りや自然散策などで、日々を楽しく過したい。
 
・私が福井農林高校でお世話になったのは昭和38年から10年間でした。その間に卒業された方々が今まさに、各方面の指導的立場で活躍されておられる姿に出会うことが多く、嬉しく誇らしい限りです。昨年の夏、担任だった生活科のクラス会に招かれた折には、遠路各地から集った皆さんが、妻・主婦・母(祖母)・地域人として立派に生きておられることを感得でき、これも福農での学びと労(実習)が奥深くで支えていると思いました。小生今秋、古稀を迎えます。この年齢から見えてくるものを楽しみにまた大切にして日々を心穏やかにすごしたいと念じています。

竹内 敏英先生
退職して、平成18年3月でまる7年になります。退職後は、第2の人生として百姓をやり、今では立派なお百姓さんになりました。朝6時起床、夜10時就寝の規則正しい生活です。現在の私の「生きがい」は他の人から見ればささやかなものですが、農業を含めて家の外での仕事が楽しくまた孫二人、「孫」という歌ではありませんが、なんとかわいい、と思っています。退職してはじめて、私は田舎に生まれて、育って、本当に良かったなあ・・・と心にしみるこの頃です。

(故)竹澤 喬先生あわら市熊坂43-7
・26年4月に農業土木科新設と同時に着任し、以来定年迄38年間、農業土木教育一筋に勤務し、寄宿舎修明寮の舎監長など前後15年しました。実に良い学校でやればやる程、効果が上がり、進路指導(主に就職)部活動では相撲部、ウエートリフティング部顧問など実に13年間やり、思い出多いですね。健康度は年に体力が低下し、田畑と、広い自家山林の手入と巡視で、6~7点で晴耕雨読です。

・私の人生は福井農林と共にありました。定年迄38年間在職し、実に思い出の多い学校で、土木教育と修明寮舎監 (前後15年間) 相撲、ウエートリフティングの顧問にと大変お世話になりました。定年以後は12年間も坂井農で土木講師としてお世話になりました。教員生活、実に50年しました。皆さん、体を大切にして、大いに頑張って下さい。
体力は年々劣えましたが、晴耕雨読で田畑と山林の手入に努力してます。(合掌)

松木 文雅先生
あわら市二面41-4
・『健康度の自己診断』…本年は84歳の乙酉の歳男です。定年退職後、20年間に脳梗塞症、痔漏手術、前立腺摘出手術、ヘルペス症と老人並の入院加療の体験をしました。現在も1ケ月1回検診と投薬(高脂症と血圧の薬)を続けています。お陰さまでここ3年間は足腰の弱化以外に自覚症もなく元気で過しています。自己診断は10点滴点で7点ぐ
らいでしょうか。お陰さまで、かく生かされていることの不思議を有難く思うようになりました。朝夕お念仏を戴いています。 合掌

・昭和37年4月~昭和45年3月の8年間社会科教師、指導部図書部を御厄介になりました。恩師と呼ばれいつも恥かしく思っています。アルバムの中の演劇クラブで御一緒に出演した諸君達はもう立派な熟年にて御活躍のことと存じます。小生お陰様で元気で新年を迎えさ
せて頂きお念仏を申しています。

光山 文江先生
4年前、退職後に2度目のお勤めをしました。時移って今回は男子も家庭科の授業を…第2農場での生活科の田植え、お茶摘み、水耕きゅうりの味農業祭の豚汁、夏休みの宿泊実習、フェリーで行った北海道の修学旅行、創立80周年行事、農業クラブ全国大会の開催と在
職4年でしたがほんとうにたくさんの思い出です。古稀を迎えました。おくればせながら内孫の専任保母兼家政婦です。片手間に無農薬野菜と花作りを楽しむ日々です。

藤田 啓子先生
教員生活38年間の内、福井農林高校には二度お世話になり、通算20年間勤務させて頂きました。家庭科を専門とした私にとって、専門学科のある学校に長い間勤務させて頂いたことに、感謝しています。現在、退職して4年が過ぎようとしています。最初の1年半は、父の介護もありましたが、自家用野菜作り、趣味のバッチワーク、時間を見つけての散歩、春・秋の山登り、ボランティア等をしています。また、国内旅行と年1~2回の海外旅行も楽しんでいます。

辻 千鶴子先生
私は81才になりました。お洒落が似合わなくなりました。駅前でのカルテユアも全部やめました。学校生活は退職後藤島高校に7年を加えて42年間63才で若い人達との生活にさよならをしました。そして、駅前での25年間フランス語、中国語、趣味の等々、多くの方達が参加して頂きました。母を101才で見送り私も老化してしまいました。杖がなければ歩けません。でもがんばっています。海外旅行も大好き。昨年はウィンの方面に出かけました。一昨年北の北の果て稚内礼文島まで出かけました。ガイドさんがこれは当時の小学校です。北陸の青年が夢を頂いて開拓された土地ですと説明されて感動しました。 後10年動いて、動いて、町の活動にも参加して納得のいく人生を送りたいと思います。末筆ながら皆様のご健康とご活躍を心からお祈りします。

宮腰 菁治先生
退職して8年になります。福井農林高勤務は3年間でしたが、いろいろなこと思い出します。先生方の御指導のもと資格試験合格をめざすなどがんばっていた生徒諸君のことや一緒に越美北線のトンネル工事を見学したことなど、また食べ物の話で恐縮ですが香ばしい牛乳や鶏のくんせい、林先生から超々特大の梨を分けていただき非常においしかったことなど……。今、高齢の両親と暮らしながら米と野菜を少々栽培していますがいろいろ工夫してやっていくこととやはり収穫が楽しみです。四季折々の景色の中でジョギングも楽しんでいます。また、近くにある生活学習館の講座や県立図書館などにもときたま出かけたりしてまずまず元気に過しています。皆様の御健勝をお祈りします。

毛利 義照先生
福農勤務を拝命し、加藤校長より仰せつかった事が花弁園芸担当でした。以来、手探りながら花作り一筋、カーネーションやシクラメンなど恥じ入る物ばかりで生徒さんには草取りばかりで申し訳ない思いで一杯です。福農を跡にして30余年、年齢など忘れて今は唯謝恩の毎日、女性相手にクラブ活動の様な事や時たま講演あり、花壇コンクールの審査で見てまわるのも楽しみです。又バラ作りや鉢花ないじっていますが、家庭園芸も今は微生物農法時代、身近に植物がないと淋しい性分なので体や頭を動かす様心がけています。後輩は先輩の背中を見ながら育っています。会員ご一同ご自愛下さい。

山本 豊先生
昭和61年3月に福井農林高等学校を出てから、三国高等学校、藤島高等学校を経て、現在、勝山高等学校に勤務致しております。定年まで残り3年となりました。福井農林高校に在籍させていただいた9年間が、私にとっては最も精力的に活動した時代であったと今ふり返って思っております。皆様のお蔭と感謝致しております。今も理科(物理)の面白さを生徒に伝えたいと情熱を傾けています。

和田 政子先生
大変おなつかしいお便りをいただきまして有難う存じます。私は94才以上年を重ねています。昨年は病院(入院)生活でした。今年は週1回の病院で又命をいただきまして有難く感謝しています。御当校にお世話になりましたのが、昔、昔、を思い出しています。先は御当校のご発展を心からお祈り致します。                


恩師の消息(昭和28年~40年迄)
(敬称は略させていただきます)

今田 惣兵衛先生
  福井市市ノ瀬21-2
退職して十一年が過ぎようとしています。月日のたつのがとても速く感じられます。身体の方は自己判定では健康度60~70%程度ですが、月一回の医者通いは続いています。春から秋までは田畑で汗を流しています。近年カラスとイノシシの被害に悩まされており、その対策に追われています。農作業の合い間や農閑期には好きな囲碁を楽しんでいます。又、2年前からこども囲碁教室も開いています。小学年の子に教えています。

川端 せい子先生
坂井市丸岡町霞3-4
「勤労の意欲に燃えて夢見るはみどりの大地・・・・・」。福農の校歌に見送られて退職後、はや16年目の春を迎えました。2人の娘は結婚して家を去りました。茶道遠州流をお伝えするようになり早10年になりました。ささやかな茶室「妙超庵」へおついでの折ぜひ一度お越し下さいませ。一服召し上げたいと思います。

小林 一郎先生
福井市和布町3-29
短信 至極元気で暮らして居ります。晴耕雨読の生活で、午前中畑で野菜や花づくりをしています。老人クラブの世話をして居り楽しくやっています。体力、気力ともに衰えました。頑張って行きたいと思っています。

白川滝之助先生
福井市上野本町34-1
寒さ厳しい候 御皆様には御健康にて御活躍の事を存じます。私は退職後早や20年になり、自治会、社会福祉会、老人会、児童館等に関係しましたが少なくなり家事や趣味、医者通い等して寄る年齢も重ねてOB会等にも段々と出席が少く申し訳ありません。余生を健康で有意義に過ごしたいと存じています。御皆様には職場や地域で活躍され心強く存じています。御皆様には健康に留意され御活躍されます様に心から御祈り申し上げます。 敬白

坂本 肇先生
清水町真栗23-30
昨年十月 馬令を重ね満80歳になりました。昭和43年、21年間の教員生活を終え本業の産業動物の診療に従事、その傍ら老妻と二人三脚で小さな商店を経営しています。健康度は65歳ぐらいだと自認し町の老人クラブの連合会長を6年勤めていますがこれも年貢の納め時が来たようで、すべての仕事をやめて楽をしたいと思うようになった反面ボケないかとも心配しております。高齢になると健康は大事ですが、伴侶の方も健康であることが何よりも大切です。

竹内 謙二先生
坂井市丸岡町霞ヶ丘1-36
2年ほど前からようやく時間的余裕ができたので冬はスキー、夏は山へ行くよう心掛けています。自己診断は9点くらいです。いまの世の中について、憲法の改正、教育基本法の改正の動きが強くなっています。微力ですが大いに反対していきたいと思っています。

竹内 正宏先生
福井市下中町6-366
拝啓 退職してから、まだ1年ですが、健康状態はいたって健康そのものです。春と秋は野良仕事を行っております。その他はゲートボール三昧、又、社会教育会の体育振興会の手伝いと県のゲートボール協会の手伝いを行っておりますので、比較的退屈はしておりません。先日、今田元校長先生にスカットランドにてお会いいたしました。昨年からゲートボールを始めたそうです。

竹村 光雄先生
福井市大東1-2-12
73歳、健康度自己診断は8点位、血圧は平常ですが、コレステロールが高め、胃の消化力が低下、否応なしに小食です。小生は二度、農林高校にお世話になりました。個性豊かな先生方と勝れた素質の生徒達を懐しく思い出します。さほどの実力もなく教頭を拝命し曲りなりに務めを果せ得たのもこの方々のお蔭で改めて福井農林に勤務させて頂いた幸運を心から感謝しています。

坪田 すて先生
福井市定正町16-4
私、お蔭様で悠々自適に畑や孫の世話を楽しみにして元気に暮しています。今から40年も前在職中、先生・生徒と共に少し農業の勉強や自習したお蔭で健康に過ごすことが出来るのだと感謝しています。生徒にとって文化祭や農業クラブの研究発表等、恵まれた自
然環境と友に伝統のある学校で培われた人間関係や道徳性は何より得難い体験と思います。親切で明るい家庭的印象を忘れません。

平林 敏男先生
永平寺町松岡神明1-40
目の具合がよくないので何時もテープやラジオを開いているこの頃です。余り外には出掛けません。運動不足のせいか近頃太りすぎの様です。(代筆)

三上 実雄先生
福井市二の宮3-34-3
私の健康度は9点で健康です。在職中の最大の思い出は若狭農林高の昭和42年10月26日の高教組の学校ストライキです。これに強制参加のことがキッカケで組合を脱退しその後福井農林に転勤になり非組合のまま過してきました。この事が本務に専念でき専業農家の育成として「耕志会」の会員と交流し福井新開の園芸記事を28年間続けています。

土屋 黎子先生
福井市乾徳町2-2-18
退職して二年、花いじりをしたり、ボランティアなど、いただいた自由な時間をゆったりと思いながらまずまず健康にすごしております。在職時は、故林先生の炉辺談議や、第2農場での作業、温室での鉢花の世話など、忙しくそれでいて細やかや人情に溢れた学校生活を懐かしく思い出しています。末筆ながら御無沙汰のお詫びと皆様の健康をお祈りします。

野村 寛治先生
鯖江市鳥羽町34-44
退職して7年、農林高を去って10年「大地に生きる」をモットーに一百姓として元気に土に親しんでおります。在職中、創立90周年、百周年、また地域にねざした活力ある学校づくりに微力ながら参画できたことが強く印象に残っています。今春から過に1度県立大学にお邪魔することになっており、一寸緊張をしております。又お伺い致します。

増田 久子先生
福井市上中町2一11-2
定年退職後19年の歳月がたちました。その間祖母の看病と、孫の面倒を見ながら毎日雑用におわれていたので、あっという間に過ぎ去りました。私は長い間足の痛みのために3年前に手術をいたしました。現在は正常になりましたが、年のせいか体に故障も出て通院療養中であります。この頃外へ出ることがだんだんと億劫になりました。毎日あれやこれやと忙しいと言いながら、気心の知った友人と国内旅行や温泉へ行って楽しんでおります。

羽生 赴夫先生
福井市上中町3-1-52
至極健康でネンリンピック(60歳以上の大会)に剣道で3回(宮崎、大阪、徳島)出場し、1年おきなので今年もと練習を重ねたいと思っています。日常は畑仕事と孫の相手をしています。町内の役は卒業して、のんびりと、ピンピンコロリを目標に古稀を乗り切りたいと願っています。

吉川 幸雄先生
福井市米松1-2-11
私立高校の非常勤を退職してから早11年になります。以来健康にもよいということで自家用の野菜や果樹の栽培に精を出しています。野菜の苗はすべて農林高校で買います。今の所野菜の方は成功ですが、果樹の方は失敗に終り残っているのは柿・キウイ・イチジクだけです。福井市内に住んでいますが、散歩に出ますと、偶然街角で会員の方とお会いすることがあります。その時は、必ず暖いお声掛けをいただき有難いことあと思っています。老齢期に入っていますが、一病息災のようで毎日不自由なく当たり前の暮しをしています。




続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。