FC2ブログ

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.06 校訓 教育目標 努力目標
校訓 

  大地に生きる

「自然に親しみ、大地を踏みしめ、誠実に生きる」


□教 育 目 標
  ○ 自主・自律の精神を養い、情操豊かな人間を育成する。
  ○ 知性を磨き、教養を高め、創造性に富む人間を育成する。
  ○ 勤労を重んじ、心身ともに健康でたくましい人間を育成する。


◇各 学 科 の 目 標

1.生物生産科
 作物や野菜など農産物を生産するための基礎的な知識と技術を習得させ、時代の進展に対応できる農業技術者をめざし、地域社会の発展に寄与する能力と態度を育てる。

2.環境工学科
 土木・林業・造園に関する基礎的な知識と技術を習得させ、環境と調和した快適な生活空間を創造できる技術を身に付けさせるとともに、地域社会の発展に寄与する能力と態度を育てる。

3.生活科学科
 農業・家庭および福祉に関する基礎的な知識と技術を習得させ、家庭生活の変化に対応するとともに、地域社会の発展に寄与する能力と態度を育てる。

4.生産流通料
 地域性を生かした農産物の生産や加工、流通に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させる。また農産物流通をはじめとした社会のサービス化に対応し、地域社会の発展に寄与する能力と態度を育てる。

◇努 力 目 標

1.創意工夫による充実した教育を実践し、学習意欲の向上を図る。
2.集団生活の中で、自主的自律的態度を養う。
3.生命を尊重し、人間性豊かで心身共に健全な人間を育成する。

◇指 導 の 重 点
1.活力ある学校づくりを推進する。
2.目的意識を明確にし、学ぶことの意義を実感させる。
3.基本的生活習慣を確立させる。


続きを読む
スポンサーサイト

2007.01.19 当時の夢・思い詰まっています 「蒼林」
≪創林≫ “当時の夢・思い”詰まっています。

平成18年の農文祭に立ち寄った農友会館『大地』に展示された、数々の写真や書籍の中から見つけた「蒼林」。お手伝いに来て下さっていたOBの方々から、ページを捲る度に湧き上がる歓声!当時の世相・思いや、将来への夢。恩師からのメッセージなどがぎっしり詰まっています。一瞬に学生時代に戻った瞬間だったようです。福井農林高校の歴史の記録「蒼林」。皆さん「蒼林」って覚えていますか?お手元にお持ちの方は是非一度読み返して、当時の思いを馳せてみてはどうでしょうか。

sourinn.jpg


私は、農文祭で農友会の展示コーナーを見学しました。第1号からきちんと保存されている「蒼林」コーナーで足が止まりました。昔のものから、当時、自分が書いたものや、友達や先輩の方々が書かれたクラスのこと・先生の言葉、詩、部活動、修学旅行の体験記、読書感想文など、
時間を忘れるぐらい夢中になって読ませていただきました。特に、他のクラスの人が書いたものや名前を見るとさらになつかしさがよみがえり「卒業してから1回も会っていないけど、あの人は今どうしているだろうかとか、その人に会いたいね」といった話題でも盛り上がりました。
今、問題になっている「いじめ」のことなどが書いてある箇所等もあり、その当時もやはり「いじめ」などがあったのかと思いながら、一緒にきた友達と、当時楽しく過ごした学校生活の思い出話に弾みがつき楽しいひと時を過ごすことができました。

ここで「蒼林」の名前の由来についても紹介をさせていただきます。
生徒会誌「蒼林」が独立創刊号と名づけて発刊されたのは、1954年3月に総合制高校から独立した農林高校として再発足した年の春である。まずは生徒、先生など全校募集をし、多数の誌名が寄せられたが、当時の本校教諭戸田三郎先生の「蒼林」が選ばれた。
戸田先生は創刊号の刊頭で「蒼林に寄す」と題して次のように述べておられる。「蒼林」とは青々とした林。みどり滴る林である。植栽後充分な手入れを終えた17・18年生の杉林をさす。この若々しい限りなく成長する杉林に、元気溌刺とした本校生徒の姿をたくした・・・と、スギは「直ぐ木」の意。亭々爵々と素直に伸びる樹木。最もありふれた樹であり、広く実用の樹木として愛されている。凡人であってほしい。社会に役立つ凡人。時勢におくれぬ凡人。誰にも尊敬される凡人であってほしい。「蒼林」にはそんな願いが託されている。と書かれてありました。皆さんも、機会がありましたら、「蒼林」をひっぱり出して読んでみてください。

取材:北川純子(農高18回卒)・高原みゆき(農高21回卒)

2006.11.23 郷土芸能部
<郷土芸能部>

郷土芸能部の太鼓演奏は、全国高校総合文化祭で最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞しました。大変に立派な賞です。この受賞で、福井農林高校の太鼓は日本一になったということです、それに伴いまして、東京国立劇場で優秀校として東京公演、そのあとの10月の韓国公演が実現し、生徒にとっても貴重な体験ができたのではないかと思います。学校にとっても大変栄誉ある受賞でした。

そこで、今回、大きな夢をつかみました郷土芸能部の顧問の岡田先生や部員の皆さんに直接インタビューをさせていただきました。

○部の結成はいつ頃からですか
平成十一年、同好会として始まり、平成十四年から郷土芸能部として活動しています。

○部員数や練習時間・練習内容について
現在(十一月)1年生から三年生三十一名、放課後四時から七時まで練習をしています。職業高校ならではの実習当番を終え、部員が揃うのが四時ごろなので、それまでは個人個人が基礎の練習をしています。また、生徒たちが独自で考えた、千回ジャンプ、腕立てなどの筋トレなども積極的にやり、全体練習で太鼓を打つまで体づくりをしています。一年生は経験がないので、十一月頃に合流できるように、まずは笛を全員が持っていて、太鼓の苦手な人でも何かできるようしています。

○みんなの笑顔が印象的ですが
笑顔は大事にしています。最初は作り笑顔だったですが、やっているうちに自然に笑顔が出せるようになったと思います。見ている人にも感動が伝わり、その反応で自分たちもなお演奏に力が入りますし、一層乗れた時は気持ちがいいです。

○郷土芸能部を選んだ理由は入学式に先輩たちの太鼓演奏を聞き感動し、自分もやってみたいと思ったことや、顧問の先生から誘われたことも選んだ理由です。

○先輩たちのその後は
地元や地域で活動したり、職場で機会があれば演奏している人がいます。


○不満とか悩みなんかありますか
曲が決まるとそれぞれの役割を決めますが、自分がやりたいポジションが与えられなれなかった時は特に悔しい思いがします。

○岡田先生の印象は
ここまで続けられたのは、いつも叱咤激励してくれる厳しい(やさしい)先生のお陰だと思っています。感謝の気持ちで一杯です。いつも生徒のことを考えてくれる先生には、部活動だけでなく学校生活の中でも生徒から頼りにされている先生です。

○インタビューを終えて
インタビュー後、郷土芸能部の太鼓演奏の練習を見せてもらいました。
全国大会で優勝し、日本一になった福農の郷土芸能部、さらに韓国での交流演奏を終えた部員たちにも、三年生は後輩にバトンタッチする時期を迎えました。後輩たちは先輩たちの栄光を受け継ぎ、これからもきっとすばらしい演奏をしてくれることでしょう。力強く練習も再開、先生が持つマイクが体育館一杯に響き渡っていました。頑張れ!郷土芸能部


郷土芸能部

私の町に、こんな小さな村に 郷土芸能部の和太鼓が響きわたる

原目町の秋祭りにご出演をお願いいたしましたところ、心よく演奏していただきました。舞台が、大型トラックの荷台をオープンさせたものだったので狭かったでしょうが、本当に力強く、一糸乱れぬバチさばき、太鼓の重低音を静かに、時には激しく、また、躍動感あふれるパホーマンスには大勢の町民が感動、大きな拍手が鳴り響きました。素晴らしい演奏でした。生徒さんのあの笑顔も忘れません。是非、また見たいな。 本当にありがとうございました。
福井市原目町 秋祭り実行委員会一同

taiko.jpg



東藤島地区敬老会でも悠大なバチさばき

9月24日、東藤島地区の敬老会を福井農林高校の太鼓がすばらしいバチさばきで盛り上げて頂きました。若い活力に45名のお年寄りの方々は、若い力を頂いたと、涙を流し、感激され、惜しみない拍手を送っていました。機会があれば是非また我が地区にお越し頂けることをお願いしました。これからもますますご活躍されます事をお祈りし、お礼をさせていただきます。

taikohuji.jpg


2006.10.09 母校だより
---母校だより---

yakyubu.jpg

☆部活動について <野球部>   二十三年ぶりの快挙

本校の野球部は、昨年の秋に行われました北信越大会で、すばらしい戦いぶりを発揮、二十三年ぶりにベスト4に入りました。秋の大会・北信越大会での活躍が認められたことや、選手のはつらつしたプレー、マナーも県高野連より高い評価を受け、二十一世紀枠候補校にも推薦されました。残念ながら、北信越ブロックの選考では小差であったが推薦から外れた。
今回の快挙を会報に掲載するため、練習の合間に島田監督と西野主将にいろいろお話を聞きました。
監督は「生徒が一生懸命練習してきた結果が認められて非常に嬉しい」「今、部員はわずか16名、本当にチーム一丸となってよく頑張ってくれたと思います。実習・当番なんかも多くありますし、全員がそろって練習することもできないということも多いし、普通科高校に比べ、恵まれているとは言えない環境の中で、チームが団結し地道に努力を重ね、力をつけてくれたと思います。」と話をしてくれました。

○秋の大会や北信越大会を振り返って、西野キャプテンに聞いてみました。
やはり、ベスト四をかけた準々決勝で、足羽に1-7で大量リードを許したが、終盤八回から6点差をひっくり返し、8-7で劇的な逆転サヨナラ勝ちは今でも忘れることができません。気持ちよかったです。

○毎日少ない部員で、練習は厳しいと思いますが、どうですか・・・・・・?
僕たちの最終目標が「甲子園」という大きな目標なので、練習は厳しいですが部員全員で支え合い頑張っています。

○きびしい監督とお聞きしていますが。・・・・・・・・・・・
監督は部員一人一人のことをよく理解していて、厳しさの中にも優しさもあり、監督に出会えて本当によかったです。新チームが結成してから、あまり日は経っていませんが、勝つ喜び、負ける悔しさ、そして、努力という2文字、いろいろなことを学びました。これからも、まだまだ、辛いことや苦しいことがあると思いますが、監督を信じ、監督の期待に応えるプレーができるように部員一同頑張っていきたいと思います。

インタビューを終えて、何か久しぶりに胸が高ぶるものを覚え、大変よかったと思います。改めて野球部員の活躍を讃えたいと思います。
学校の方は、今、申しましたように、生徒の活躍が著しく、いろんなところで、すばらしい活躍を見せてくれています。このように母校のことがマスコミ等で取り上げられたりして、卒業生としても大変嬉しく思いました。今後とも、生徒の活躍を温かく見守っていきたいものだと思います。

20yakyubu.jpg




平成18年度母校だより>

(1)日本水大賞受賞関係

環境工学部  日本水大賞受賞  栄えある受賞に輝く

 昨年5月、母校環境土木部が行った研究「農業水路への設置を目的とした小規模水田魚道の開発による環境保全活動」が足羽川堰堤土木改良区連合と共に「日本水大賞」を合同受賞するという栄拳に輝いた。受賞式は国際連合大学で行われ、受賞後は、知事表敬訪問や新聞各紙の取材を受けるなど各方面から称賛の意が伝えられた。

【研究概要と受賞理由】
 水田地帯の生態系を保全・復元するために「小規模魚道」を開発し、水路(落差工)のネットワークの回復を試みた。舟通しデニール改良型魚道と改良ノルウェー型魚道を試作し、福井市成願寺町の用水路で実証実験を行い、オイカワ・カワムツ・ギンブナなどの遡上効果が得られたというもの。この研究の水田と河川の生態系ネットワークの分断を改善しようとしている点が大きく評価された。

【日本水大賞とは】
 安全・きれいな・おいしい水にあふれる21世紀の日本と地球を目指し、水循環の健全化に貢献する活動をした団体・個人を表彰するもので、秋篠宮文仁殿下を名誉総裁とする栄えある賞です。今回の水大賞は、そのなかで最も活躍された団体に送られる最高の賞です。

【受賞の喜び】  環境工学部 八原 淳(環境工学科 3年)
 先輩たちから代々引き継いできた研究が、日本水大貫という形で報われとても嬉しく思います。僕たち環境工学部がこのような名誉のある賞を受賞することができたのは、先輩方の研究への地道な取り組みと、多くの方の協力があったことが大きな理由であると思います。今後もこの賞に恥じないような研究を続けていきたいです。

【受賞記念祝賀会】
 今回の受賞を記念して、去る8月11日農友会館で祝賀会が開かれ、生徒を労うとともに今後の活動に激が送られた。祝賀会は、環境土木部による活動発表後、部員への記念品授与、そして学校長挨拶、来賓祝辞〈林 利二 農友会副会長出席)と続き、会食となった。旧顧問の笠羽靖治教諭からは、自由に研究できる環境をつくっていただいたことや、生徒たちの頑張りに感謝している旨が伝えられた。



(2)目指せスペシャリスト研究指定校関係

目指せスペシャリスト研究開発校に指定される!18年度から3年間

 先ほど福井農林高校は、平成18年度より平成20年度までの三カ年間、文部科学省より「目指せスペシャリスト研究開発校」の指定を受けた。65校の中から新規に選ばれたもので、関係者の悲願がようやくかなった。さっそく昨年度より「健康長寿日本一の食材づくりを目指した将来の農業のスペシャリストの養成」という開発研究課題で研究がスタートした。福井県は平成18年度より平均寿命が男女とも全国二位になり長寿県になったが、その一要因としての福井の伝統野菜が上げられており、今回はそれに着目、「ラッキョウ」「ナス」「ウメ」「シソ」などの伝統野菜を健康長寿の食材として研究していこうというもの。

【目指せスペシャリストとは】

 文部科学省が平成15年度から推進している事業.先端的な技術を取り入れた教育など特色のある取組みを行う専門高校を「スーパ丁専門高校」指定し、将来のスペシャリストの育成を図るもの。一校あたりの研究費として約1千万円が計上されている。


(3)レスリング部関係

  レスリング部  団体として初の全国大会出場

レスリング部は、昨年行われた北信越大会で団体3位に入賞し、3月に行われる全国大会に初めて団体として出場した。レスリング部は創設以来、個人戦では全国大会に毎年出場してるが、団体としては初めて。選手たちの層も厚くなり、今後の活躍が期待されている。

  北信越大会成績
◇ 団体3位(全国大会。出場)
◇ 個人 ・64㌔級 3位 梨木 徹(全国大会出場)
     ・84㌔級 3位 稲木翔太(全国大会出場)
    ・120㌔級 3位 平嶋竜也(全国大会出場)


(4)インドネシア関係
 インドネシア交流 3年ぶりタンジュシサリ農業高校訪問 友好協定 5年継続
1月7日より1週間、3年ぶりに母校生徒10名がインドネシアタンジュンサリ農業高校を訪問した。今回の訪問は、生徒同士の農業を通した交流のほか、平成13年に取り交わした友好協定の更新を目的としたもの。今後5年間も、相互に訪問や留学をすることで合意、更なる友好発展を約束。タンジュンサリ農業高校訪問では、道の両側に生徒たちが並んでの出迎えなど、熱烈な歓迎を受けるとともに、日本への留学生も案内役として暖かく迎えてくれ、互いの友好を確かめあった。


(5)郷土芸能部関係

 郷土芸能部  知事賞2連覇  OTAIKOコンテスト

 国内最大級の和太鼓の祭典オールジャパン OTAIKOコンテスト2006で、団体の部において郷土芸能部が2年連続の知事賞に輝いた。ビデオでの予選を通過した5団体が知事賞獲得に向けて競い合ったもので、生徒たちは気負うことなく普段通りの実力を発揮し、今回の連覇となった。また、郷土芸能部は、定期演奏会を1月に開催、当日詰めかけた約600人の観客に大きな感動を与えるなど、福農の顔としてすっかり定着した感がある。


(6)北海道ファームステイ関係

 生徒140人がファームステイ(2年生修学旅行)

 福井農林高校の特色ある学校行事の一つとして、北海道ファ-ムステイ修学旅行がある。生徒2から3人が1グループになり、農家に一泊。農作業や食事を農家の家族とともにするもので、大規模農業や北海道の人の温かさを味わってもらうのが目的だ。昨年も羊蹄農協の組合員宅50軒に分宿、農作業に汗を流した。酪農農家にステイした生徒は、ちょうど牛の出産に立ち会うなど、感激ひとしおの体験となった。日本農業新聞にも取り上げられた。

(7)平成18年度 人事異動関係

【退職】荒川忠典先生(農業) ・非常勤講師として継続      
【退職】河原友子先生(農業・講師)
【退職】岩崎伸司事務長 
【退職】南部允雄さん(校務員)・臨任職員として継続  
【退職】吉川賢一さん(農手)             
【転出】西田哲章校長先生   ・県立芦原青年の家・所長  
【転出】長谷川俊基先生(農業)・福井南養護学校・教頭
【転出】橋本宏子先生(理科) ・武生東高校       
【転出】近藤貞範先生(体育) ・武生第一中学校
【転出】笠羽靖浩先生(農業) ・坂井農業高校     
【転出】辻田 誠さん(事務) ・県計量検定所
【休職】鈴木孝典先生(数学) ・福井県教職員組合 






○郷土芸能部(和太鼓)
・創設はまだ浅いが、総会後のステージを使って披露している姿には大きな感銘を受けます。全国大会では優秀な成績を収め、昨年総会時には「世界民族フェスティバル(韓国)」に出演する一ケ月前ということもあり、「しっかりやってこい」の激が飛び、箱には23万1千円が寄せられました。海外出演と前後して、新潟県柏崎工業高へ地震後の慰問を兼ねての太鼓の響きは「青春の炎」を湧きたたせました。
・福井商業高校公演でも、その名声を如何なく発揮されました。


○インドネシア留学生2名受け入れ
・国際交流事業の促進による、熱帯気候の農業を活用した特産品の開発を、福井から発進しようとタンジュンサリ農業高校と交流。9月から11月の3ケ月、アリフデインさん(男)とアグステイナ(女)さんが在校生に混じって体験、さすが選抜された生徒さんだけに見習うことが多くありました。


○バイオテクノロジーを基に
・スペシャリスト教育の拡充、先輩森義夫先生 (越のルビートマト開発)のご指導のもと、遺伝子の組換えなどバイオテクノロジーを基に、特産野菜作りなどスペシャリストとしての教育を受けています。


○測量士2名合格
・滝波勇人君、中村勇太君の両名。高校卒では測量士補が精一杯の合格という中で、2年で取得。大学卒の取るべき資格を取得。その努力を賞讃します。おめでとう。


○父子二代が貢献
・父…滝波宏ニPTA会長 本校卒相撲部 現在も相撲連盟で尽力
・子…勇人君 相撲部主将 東京農大合格


○進路状況
・県立大学2名 ・国立大学2名 ・県庁1名郵政内務1名 ・大学21名 ・短大11名 ・専門学校28名 ・公務員2名 ・企業就職者83名


○福井県高等学校英作文コンテスト
・2年 中村有希さん、2A部門 最優秀賞
県下高校英語得意者で競うコンテストに見事に入選。外国語に弱いという日本人にとって、トップを飾る才能には驚きです。どうか冴えた英語力の更なる精進をお祈りします。


○環境土木部日本水大賞受賞
・日本水大賞委員会は31日「第8回日本水大賞」(読売新聞社、国土交通省など7省後援)の受賞者を発表した。表彰式は5月30日で、大賞の2団体には、それぞれ賞金100万円が贈られる。

・受賞者は以下の通り。
【日本水大賞】県立福井農林高環境土木部(福井)、足羽川堰堤土地改良区連合(同)     (18/4/1読売新聞記事より)


○福井県英語弁論大会
・2年 土田礼子さん  (第一部門 最優秀賞)
弁論といえば最初に自分の用意した原稿の発表のあと即興的な課題弁論が課される。その難関をも突破しての快挙。これからの国際交流の主人公たらんことを期待します。
・土田弥市 元PTA会長・耕志会員(礼子さんは三女 長男、長女、次女とも本校卒)


○3級造園技能検定合格
・三環 早見佳明君、西尾浩貴君の両名
三年になって夢実現の為、着々と準備、努力の甲斐が結実、と新開記事にあった。造園業者にとっては必須の免許でこれをはずみに二級、一級
と進んでもらいたい。


○県音楽フェスティバル
・日本音楽部門 銀賞 邦楽部

△全国大会の出場に農友会から補助費で激励。



平成18年度 「人事異動名簿」

○退 任
・岩崎 伸司(事務長)

○転 出
・西田 智章(校長)
・長谷川俊基(教諭 農業)
・鈴木 孝典(教諭 数学)
・橋本 宏子(教諭 理科)
・近藤 貞範(教諭 保健体育)
・笠羽 靖浩(教諭 農業)
・辻田  誠(主任 事務)

○転 入
・田島千利(校長)
・未本 守(教諭 理科)
・八杉一仙(教諭 農業)
・上野和明(教諭 農業)
・宇城俊史(教諭 保健体育)
・橋本健一(教諭 数学)
・吉田幸人(教諭 農業)
・竹内 重(事務長)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。